^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

妊活サプリと言えば、ベジママ

 

ベジママは妊活中のサプリメントでも珍しい成分のピニトールが入っているんです。

ピニトールはアメリカでは妊活中では当たり前の成分でしたが、日本ではあまり一般的ではありませんでした。

このベジママサプリメントはそのピニトールも妊活用の成分として入っているんですよ。

妊活中の方、妊活を試みている方、妊活に困っている方、ひとつベジママを手に取ってみてくださいね。

>>ベジママの詳細はこちらから

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ポリフェノールの種類って一体どれだけ起こるの!?

野放しには誠に!!5,000品種以上のポリフェノールが存在すると言われています。

大きな分割としてフラボノイドがあげられますが、ポリフェノールの中でも、代表的なものを紹介したいと思います。

■ポリフェノールの種類と丈夫若返り美肌作用

レスベラトロール

レスベラトロールは、サンタベリーやブドウなどに手広く留まるポリフェノールの一種で、丈夫現状&美貌現状とともに今世界中のドクターらからも年齢を防ぐ効果があるのではないかと大注目されている非常に著しい抗酸化力を持っている種だ。

レスベラトロールは美肌、生活習慣防止、サーチュイン遺伝子=若返り遺伝子(普段は眠っている)の交代をオンにし、若返り作用も大いに期待できる話題沸騰中の種だ。

レスベラトロールを豊富に含む根本のカリスマと言えば、ブドウだ。その他には、アーモンドやピーナッツの皮、ココア、プルーン等に手広く留まるポリフェノールだ。

また、赤ワインに数多く含まれていると言われていますが、本当は赤ワイン1本で約1㎎と、実に少数だ。赤ワインでレスベラトロールを服薬しょうというと先にアル中になってしまい逆に体躯を壊してしまうね!

ですので、信頼できるクリエーターの雑貨や、確かな根底で堅実安全なレスベラトロールの栄養剤やレスベラトロールの水で効率よく摂取する事をオススメしたいだ。

※サーチュン遺伝子は、NHK専門で一躍話題になった人体の細胞を活性化させる遺伝子で、若返り遺伝子や長生き遺伝子って言われれてある。

アントシアニン

フラボノイドの一種で、ブルーベリー等の青紫色の色素の事です。眼の消耗や、かすみ眼、眼の構造の成長に役立つとされています。目病気病気防止に効果が期待できる種だ。

鳥獣検証では、アントシアニンの白内障に対する作用も報告されているようです。

その他にも、生活習慣防止や動脈硬直、血圧上乗せを抑制する効果が期待できる種とされています。

アントシアニンを数多く組み入れる根本は、カシス、ナス、ビルベリー、ブルーベリー、ブドウだ。

現代人は、端末、スマホといった知らないうちに眼を酷使していますねのでさっそく、毎日のルーティンに栄養剤等で取り入れていきたいものですね(^_-)-☆

カテキン

カテキンもフラボノイドの一種で、緑茶等に含まれている苦み種で、抗菌ベネフィットや抗酸化作用を持っています。

抗酸化物体の代表ですビタミンEの抗酸化力の誠に!約50ダブルとカテキンは言われているほど力強い抗酸化作用を持つと言われています。

また、際立つ滅菌ベネフィットもあり、口の中での雑菌の増殖が抑えられ虫歯や口臭防止にも効果が期待できる種だ。

感冒をひいたら、昔から緑茶でうがいをすると良いと言われたのにも正しく拠り所があったんですね。

業者でカテキンを大方取り込む根本は・・・?

あなたも、知っている(^_-)-☆緑茶だ!

お茶の中でも緑茶がカテキンかさダントツですね!

ウーロン茶、紅茶などにも含まれてはいますが・・・折角ならザクザク含んだ緑茶を健康のために飲みたいですね。

また、カテキンを効果的に飲み込むには、茶葉を粉末としてそっくり飲み込むのがマキシマム作用あり!!だそうです。但し、無農薬、低農薬の物を選ぶことが大切ですね。

そういえば、緑茶で有名な静岡県の掛川では、癌患者が少ないって聞きました。

イソフラボン

イソフラボンは、納豆、大豆、油揚げ等の大豆食品に数多く含まれている、ポリフェノールだ。

細胞を活性化させる働きがあります。

またイソフラボンは、奥様ホルモンのエストロゲンというかわいらしく迫る動くをする結果、ミルク強化作用や奥様らしき体格にする効果が期待できます。

奥様ホルモンが高まるは、美肌になったり、肌がワン色合い明るくなったり、しわが目立たなく罹る程度、頼もしい作用が沢山期待できますよ♪

ルチン

ルチンは、些か聴きなれない方も多いと思いますが、ルチンはお蕎麦に手広く含まれているポリフェノールです。

血管を軟らかで深くしたり、高血圧防止や、動脈硬直防止効果があると言われています。

また、血行を良くしていただける効果が期待できるので、女性に多い冷え性成長、そして体温が上がって免疫強化やヒーリング作用も期待できそうですね。

カカオマスポリフェノール

カカオマスポリフェノールは、やっぱり想像がつきそうですよね?

そうなんです!

あの、チョコレートに数多く留まるポリフェノールです。

おそらく、大好きな人が多いのでは!?

ちなみに、自身は大好物だ♪ 笑

こういう、カカオマスポリフェノールはこんなにおいしいのに、更に非常に力強い抗酸化力を保ち、悪玉コレステロールの偶発を抑制するつながりがあり、血をサラサラにし動脈硬直を予防するんです!

血行促進ベネフィットもあり、脂肪を燃焼させ、シェイプアップにも効果が期待でき、挑発の攻略や、アレルギー状態を緩和する事も分かっています。

また、驚いたことに口内におけるミュータンス桿菌の増殖を抑制する働きがあるので、虫歯防止にも役立ちます。

胃のピロリ桿菌の増殖も抑えてもらえる働きがあります。

チョコレートは、軽くてカロリーが大きいから肥える!!虫歯の原因になって仕舞う!!って、食べたいけど控えてた方にはすこぶる朗報ですね!!

クロロゲン酸

クロロゲン酸は、コーヒーに沢山含まれているポリフェノールだ。

コーヒーポリフェノールとも言われ、これもまた凄い抗酸化作用がある栄養素で、様々な丈夫作用が期待である。

クロロゲン酸の作用・働きは?

クロロゲン酸の作用・働きは沢山あるので箇条書きとしてみましょう。

■シェイプアップ作用

脂肪の蓄積を牛耳る働きがありますので、肝脂肪を予防することが出来ます。

肝脂肪は、肝臓に脂肪が蓄積された状態です。これを放置しているとマズイ病気に発展しかねませんので。

また、日本でもクロロゲン酸を含むコーヒーが【トクホ】のラベルで販売されている部分からもシェイプアップ作用、ふくよか防止の効果が期待できそうですよね!

但し、何でもいいからと言って、呑みすぎには配慮ですよ!

過ぎたるは猶及ばざるが如しですね。

■コレステロールの禁止

クロロゲン酸には、善玉コレステロールの構造を高めて、悪玉コレステロールを肝臓に戻して受け取る効果が期待できます。

■血糖値の値上がり治める

クロロゲン酸には、血糖値の上乗せを抑える働きがありますので、食生活は、ともかく野菜から、たんぱく質、炭水化物(ご飯)をの順番で食べると血糖値が丸々上がらないとされていますが、食生活前にコーヒーを1杯呑むのも良さそうですね。

■年齢禁止ベネフィット

カラダの年齢は、サビ付き!詰まり「酸化」が原因です。クロロゲン酸の非常に硬い抗酸化力で酸化を防止し、いつまでも健康で幼く留まる効果が期待できます。

その他、クロロゲン酸を含む根本には、【ごぼう・プルーン・ジャガイモの皮】等があります。

そう言えば、ごぼう茶ってブームになっていた事ありましたよね!今もですよね!

■ポリフェノールは生活習慣防止にも役に立つベネフィットがいっぱい?

ポリフェノールは、血圧や血糖抑制血行促進、体躯脂肪の落ち込みにも呼びかける品種もありので生活習慣防止効果も期待できます。
緑茶の種です「カテキン」は肝臓で出来上がる胆汁酸の排便を促し、血中のコレステロール値の上乗せを抑制する働きがあります。

ウコンにおいておる、クルクミンは胆汁の分泌を活性化させる結果、コレステロール値のダウンが期待できます。

その他、ウコンは二日酔い解離で有名ですよね!

■ポリフェノールを調べると、耳にするフラボノイドって何?

ポリフェノールの大半は、フラボノイドコネクションでして、ポリフェノールを大きく分類すると2品種になります。

色素でできている【フラボノイドコネクション】といった色素以外の【フェノール酸コネクション】だ。

そうして、本当はポリフェノールのおよそ90パーセントがフラボノイドコネクションで、ポリフェノールの中でも重要な色素種部類だ。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンや、緑茶に含まれるカテキン、大豆において掛かるイソフラボンなどが代表的なものです。
但し各色素種を通じてつながりや、作用が事が異なってきます。

イソフラボンなら、奥様ホルモンもののつながりや、アントシアニンなら、眼に喜ばしい等になります。

■ポリフェノールといった美肌の望ましい(^_-)-☆つながりって?

ポリフェノールの美貌作用

ポリフェノールには、代表的な美肌作用として二つあります。

抗菌ベネフィット・・・睡眠不足や、挑発にてできてしまった面皰や、肌荒れを防ぐつながりが期待できます。

抗酸化作用・・・活性酸素を消し、細胞の年齢を防ぎ変色・しわ・たるみからお肌を貫きます。また、細胞が活発になり、皮脂のバランスも良くなりお肌をカサカサから守ってもくれる効果が期待できます!

※抗酸化作用は、活性酸素を消し酸化を防いでカラダのサビ付きを防ぐ作用の事です。

その他にもうれしい【美容白作用】もあるんですよ!

【美容白目標のあなたは、要チエック!!】

ラズベリー、ブルーベリー、いちご、ザクロ、リンゴ、ナッツ部類等に手広く留まる「エグラ酸」っていうポリフェノールには、メラニン色素の偶発を抑制する効果がありますので、美容白効果が期待できます。

また、イチゴや、ラズベリー、ブルベリーにはビタミンCも豊富なので相乗効果で変色、そばかすを排撃できる効果が期待できますよ(^_-)-☆

美肌、美容白を目指したい「そっちの、皆!」ポリフェノール♪積極的に体内に取り入れたい種ですよね!